Home > 製品情報 > series > 直流電子負荷
IT8912E LED専用直流電子負荷
IT8912E はLED専用のプログラマブル直流電子負荷です。独特なハード回路でCR-LEDモードを実現し、周波数が調整可能、デューティサイクルPWM調光出力、PWM-LEDパワードライブ・テストに用いられます。それ以外に、l-pp/l-max計量機能はLED定電流源の電流リップルおよびON時のサージ電流をテストできます。電圧/電流テストスピードは最高50KHzまでですが、CR-LED/CC/CV+CC/CR/CWの動作モードをサポートします。USB/RS232通信インラーフェースを標準装備します。LED関連のテストに最適です。
製品を探す
型名
電圧
電流
電力
分解能
精度
インターフェース
サイズ
IT8912E
500V
15A
300W
10mV/0.1mA
±(0.05%+0.05%FS)
USB/RS232
½ 2U
お問い合わせ
Show all
* The above specifications are subject to change without prior notice.
製品特性

· 可視性真空蛍光ディスプレイ(VFD)
· 最大20KHzまでのCCダイナミックモード
· 最大分解能: 10mV/0.1mA
· 最大50KHzの電圧、電流測定速度
· テストパラメータの設定仕様: 高/低規制によってテスト結果が設定仕様を超えているかを自動的に判定
· 独特なCR-LEDモードで、完全なPWM-LED ドライブテストを提供
· 簡単なプログラマブルパラメータ設定、異なる特性のLEDランプのシミュレーションに応用
· 調節可能な周波数、デューティサイクルPWM調光出力
· l-pp/l-max計量機能はLED定電流源の電流リップルおよびON時のサージ電流をテスト
· CR-LED、CC、CV+ CC、CR、CW などの動作モードを提供
· VISA/ USBTMC/ SCPI通信プロトコル
· USB/RS232通信インターフェースを標準装備




機能及び特徴
  • CR-LEDモード                                                          
    IT8912E特有のCR-LEDモードはLED ドライバ・テストに使用されます。ユーザはLED駆動の稼働電圧、電流および係数を設定するだけで、LED駆動の出力実際値を測定できます。IT8912Eは汎用型の直流電子負荷と違いますが、CR-LEDモードは、ハードだけの回路設計を採用し、MCUモジュールのソフトウェア演算が不要なため、CRモード制御回路の高速性と安定性を向上し、さらにLED駆動テスト中の電圧と電流ジッタの問題を解決できます。

     


アクセサリ
  • IT-E30320-YY (Optional)
    30A/2m/Y terminal, a pair of r...
  • IT-E151A (Optional)
    19'' Rack mount kit
  • IT-E151 (Optional)
    19'' Rack mount kit
  • IT-E30312-YY (Optional)
    30A/1.2m/Y terminal, a pair of...
  • USB
    For USB port communication
  • CD (accessory)
    With user manual and communica...
  • AC power cord (accessory)
    AC power cord (accessory)
資料センター
  • {{doc.TitleCut}}
    {{doc.CreateDate}}
    {{doc.Introduction}}
Related Products
Relevant Solutions
Related technical articles
関連技術文章
製品カタログ
***Item is required. Please submit the information after completion.
You have submitted it successfully, We will review it as soon as possible.

No Records

More information Product / Solutions